中古マンションの物件チェック

・大規模修繕の前か後か、予定はいつか

 中古物件は前住者がどんな住み方・使い方をしていたかによって住宅の傷み方は大きく違ってきます。また、管理而がしっかりしているかどうかによっても違ってきます。住人が管理規約に従っての住まい方をしていないケースは管理体制の悪さを示しています。前住者や仲介業者は、売買交渉の場では都合の悪い話はしないものです。ですから自分の目で判断するしかありません。
 たとえば電気や給排水、ガスなどの設備面は支障なく使用することができるか、修繕の必要な箇所はないか、内外装は傷んでないか、床にきしみはないか、柱のたわみ、建具の立て付け、吊り戸棚のたれ下がりなどをチェックします。
 また、エレベーターやエントランス、廊下などの共用部分も点検します。外壁にヒビが入っていないか、タイル張りにはげ落ちた箇所はないか、バルコニーの手すりは錆びていないかなどを見ます。

 コンクリートのヒビは部材の膨張率の違いによって起こるものですから避けることはできません。しかし、工期の短さなどで起こるケースもあり、ヒビの幅が5ミリ以上あるのは問題です。タイル張りは軽く叩いて乾いた高い音が出る場合は、下地材との間にスキ間が発生している可能性があります。
 さらに、修繕の実紋についても確認しておきます。修繕や補修工事の有無と時期、箇所と内容、改装・模様替えの実施や今後の予定についてもチェックします。


<中古マンションの管理面チェック>

・新築時のパンフレットや管理規約を入手して確認する

 中古マンションは建物自体の傷み具合は目でチェックできますが、管理面はどうチェックすればよいでしょうか。中古マンションは新築時の施工会社の質と維持管理会社の内容で、その物件の質がわかるケースが多いものです。耐久性のある集合住宅であり、長く住み続けるため、長期にわたって維持できる物件である必要があります。
 購入する物件の名称から判断できるのは、一般的に販売業者であって施工業者ではありません。施工業者名は表示されていないものです。新築時のパンフレットには記載されていますので、業者に残っているかどうか問い合わせます。上場された大手企業で実績が豊富であれば一応安心といえます。

 管理会社の判断は、まず自社管理かどうかを見ます。委託管理の場合は通常ですが、管理会社がなく住民の自主管理では何かあったときに困ります。また、管理人は常駐しているかもポイントです。
昼間だけとか週に数回見回りに来るものもあります。さらに管理事務の内容も確認します。管理規約はきちんとしているか、規約が守られているかもチェックします。
 また、毎月支払う管理費は妥当かどうか、修繕積立金は少なくないかを見るのも大切です。修繕積立金の規定があるか、内容はどうか、その残高は相当額あるかを確認します。なお、修繕積立金は前住者から引き継ぐものですので、滞納がある場合は購入者が負担することになります。


東京で「音楽を学びたい」,「音楽で生活していきたい!」とお考えの方,でも音楽の練習場所を確保するのは難しいですよね。特に都会は住まいが密集しているので,近所迷惑が気になります。そんな方にお勧めの,楽器相談可の賃貸マンションがあります。賃貸物件の中でも、様々なタイプの物件があるので是非一度調べて見るといいですよ。

中野区には今,ローン目安が月十一万などのリーズナブルな新築一戸建て物件が数多くそろっていますので,家族でお引越し,移住をお考えの方は見逃せない情報が満載のエリアですよ!他にお仲介手数料無料といったお得な条件も盛りだくさんですので中野区で新築のマイホームを購入すれば経済面の負担を軽くできますし,これからの新生活にとっても多くのメリットを得られ,幸先の良いスタートを切れると思いますよ!また周辺状況としましても,なんといっても23区内の中野区エリアですので東京メトロ東西線を活用できる中野駅でアクセス面においても充実しているほか,商業施設も駅周辺や多くのポイントに点在していますので,毎日の買い物に困らないだけでなく日々の疲れを発散できる娯楽施設ともしての役割を担うほどメジャーな施設となっていますのできっと満足できますよ!新築一戸建てをお探しなら中野区がお勧めできるエリアです!

天神橋筋六丁目駅周辺エリアは世界一長いアーケード商店街が有名です。また,大阪環状線エリアも徒歩圏内に位置しているため騒音が多い都市を程よい距離で活用できる優れた環境では無いでしょうか?賃貸物件も多数揃っているので是非お越し下さい。天神橋筋六丁目エリアで賃貸探しをすればきっと良いお部屋が見つかりますよ!