・どんな土地の上に建っているかが最重要
 一戸建て住宅の広告は新聞の折り込みチラシか住宅情報誌で探すのが一般的ですが、専門用語などが多く使われており、物件の善し悪しを見極めるのに苦労してしまう人も多いでしょう。
 すぐにわかる情報としては、物件価格、外観写真、最寄駅や所在地などになるため、判断材料は主にこの3点に集中しがちです。しかし、肝心な情報を見逃してはなりません。たとえば、土地の面積が100㎡に満たなければ公庫や年金のローンの利用はできませんし、用途地域が何かによって周辺環境を予想することも可能になります。

 このように、その住宅がどんな土地の上に建てられているかが重要になります。ニュータウンなどの大規模開発については次項で解説しますが、総戸数が10戸以下のミニ開発の場合には、以下のような点に注意を払います。
 ①前面道路……道路幅が4メートル以上あるか、引き込み道路になっていないか、私道部分はないか。表示のない場合は問い合わせる。
 ②ガス●水道の種類……都市ガスかプロパンガスか。本下水道か浄化水槽か。
 ③用途地域の区分……用途地域によって建てられる建物の種類や建ぺい率・容積率の範囲が決まっている。第1種・第2種の低層または中高層住居専用地域が望ましい。

<大規模開発と小規模開発の違い>
・街が成熟するのに時間のかかるニュータウン
 周辺環境がどうかによって用途地域が区分されていますが、住居系の区分でなくても住宅は建てられます。ただし、商業系地域は買い物に便利であってもパチンコ店などの娯楽施設が混在するなど、落ちついた街並みは期待できないでしょう。総区画数が100以上もあるニュータウンであれば、それだけまとまった土地が必要になりますから、駅近というわけにはいきません。
 一戸建てや低層マンションを中心とした住居専用地域であり、閑静で落ちついた街並みを計画的につくっていきます。総戸数が多くなればなるほど何期かに分けて分譲するため販売期間も長くなります。長い場合は十数年にわたって分譲され、徐々に周辺の施設が整備されていくケースもあります。ショッピングセンターや学校、病院などは、居住人口がある程度の数に達しなければ設置されないからです。つまり、分譲時期によって生活環境や利便性に差が出てくることになります。
 一方、10戸以下のミニ開発は、工場や施設の跡地であったり、既存の住宅街の一角に立地するケースが多くあります。駅に近い立地やすでに公的施設が整っていて日常生活に便利な立地も少なくありません。そこがミニ開発の良い点でもあります。ただし、元々から住んでいる近隣の人や周辺の人の状況によって生活環境は大きく左右されてきます。ニュータウンの場合は、同時に入居することも多いため、似たような家族構成の世帯が集まりやすいといえます。


千葉県の人気スポットと言えば、「東京ディズニーシー」や「東京ディズニーランド」ですよね!他にも、ライブなどが行われたり、ホールがたくさんある「幕張メッセ」や美味しいレストラン、お土産品など、様々なお店が揃っている「海ほたる」があります。千葉県では、「NARITA花火大会」と言われる県内人気ランキング1位のお祭りがあります!打ち上げ数約1万発!様々な形の花火が音楽と、共に夜景に打ちあがる様子は、何にも例えられないほど綺麗です。この光景を観に、日本だけではなく、世界各地から毎年、約12万人の観光客が訪れます。安くて、市川真間駅が近い賃貸物件に住みたいと、考えている方!市川真間駅周辺の物件には、たくさんあります!新築で家賃6万円台で最寄り駅まで、徒歩7分。近所には、買い物に便利な商店街や交番、病院などがありますので、暮らしやすいと思います。

不動産所有者は固定資産税・都市計画税などがかかり,空き家所有者も納税義務がありますが,「住宅用地特例」により税金がリーズナブルになります。
ですが、特例適用条件は「住宅が建っている」ことで,空き家を解体すると税金が高くなります。空き家の解体や運用はしっかりと検討して行いましょう。

鳴門市には一人暮らしから家族での生活に嬉しい賃貸物件が豊富に揃っており,これから新生活を始めたい方や,四国への移住を検討している方はぜひ不動産情報を調べて欲しいエリアですね。駅などの交通機関はもちろん,高速などの自動車道も駅近くにある為,各方面への交通手段,アクセスに便利で快適です!特にマイカーをお持ちで車での移動が中心の方にとっては嬉しい環境の街ではないでしょうか?賃貸物件の近くには学校などの教育施設が立地しているケースも多くお子さんをお持ちの家庭の方も安心ですね。賃料も5万以内とリーズナブルな価格が多く,広々とした和室,洋室を兼ね備えた,嬉しい条件付きの物件を不動産会社などで多く紹介していますのでぜひお確かめください!賃貸探しなら鳴門市を是非オススメしたいですね。